前へ
次へ

交通事故にあった際の治療について

交通事故にあった際には、適切な場所で治療を受ける必要があります。整骨院や接骨院で交通事故の怪我の治療が行えるところがあり、そういった治療院では柔道整復師という国家資格を持ったスタッフが施術をしてくれます。ただし、適正な損害賠償金を相手に請求するためには、事故と怪我の因果関係を明確に証明する必要があります。因果関係を証明するためには診断書が必要になるのですが、診断書は医師免許を持った医師しか書くことができません。したがって、前述した柔道整復師からは診断書をもらうことができないので、交通事故の治療は医師がいる整形外科で行うほうが良いのです。また、事故による後遺症が残ってしまった場合も同様に、その後遺症が本当に事故によって現れたものなのかを証明するために診断書が必要になります。この場合の診断書は後遺障害診断書と呼ばれるものになり、この診断書は事故直後に作成された診断書をもとにして後遺症が残った時点までの状況の一貫性や連続性を考慮したうえで作成されます。故に、万が一後遺障害診断書が必要になる可能性があることから考えても、少なくとも事故直後に一度は整形外科に診てもらうことが重要です。

Page Top